そもそも酵素ってなに?

酵素は触媒作用をもつタンパク質

酵素はなくてはならない存在、でも酵素の正体を知らない人は多いと言えましょう。
酵素は触媒作用をもつタンパク質の一種で、人間の体内で行われる大半の化学反応は、酵素の触媒作用により進行するため、なくてはならない存在になっているのです。
酵素が減ると太りやすい身体になる、風邪を引きやすくなる、便秘や疲れやすくなるなど、良い事は一つもありません。
ちなみに、消化酵素や代謝酵素は潜在酵素と呼ばれているもので、二つの酵素は食事をエネルギーに変換するためになくてはならないものです。
潜在酵素は加齢とともに減少していくので、20代や30代の頃にスリムだった人が、40代や50代に入ると太りやすくなる原因の一つとして潜在酵素が減る事があげられます。

消化酵素を休ませてあげるためにも

酵素ドリンクはダイエット効果を持つなどの理由から注目を集めています。
潜在酵素は過食をすると消化酵素の働きが多くなり、代謝酵素量が減るため、太りやすい身体に変えてしまいます。
肥満のメカニズムは消化酵素量が多く使われ、代謝酵素量が減るものであり、酵素ドリンクを使うと消化酵素や代謝酵素を助けてくれるので、身体が元の状態に戻りやすくなるのです。
さらに、酵素ドリンクを使ったダイエットにプチ断食を取り入れると、消化酵素を休ませてあげられるので、代謝酵素が脂肪を分解するなど、身体を元の状態に戻しやすくなり、ダイエット効果を高められます。
尚、酵素ドリンクはダイエットだけではなく、健康維持にも効果的な健康食品です。

葉酸サプリは妊活中の女性だけではなく、授乳中の女性にも人気となっています。赤ちゃんの栄養にもなるので、品質の良いものをとることが大切です。